かくうえでだいじなこと

(Sun)

Posted in 二次

0 Comments

小説は想像力が大事なんだとはじめに言っておこう。


というわけで、私の小説の間違ってるのであろう所とかはもう、問題ないですよね。想像力ですもんね。ねえ。
…といいつつ、ちゃんと書けないことに不安もあるので、そこをどうしようかと検討中でありますがまあそれは道でもいい話でありまして!


クインテットをわざわざ五重奏と表記する必要があるかどうかです問題は。
脱色とかD灰とか復活とか笛!とかそんな感じにしたかったんです。ラキマンだったらあれかな、幸男なのかな

需要の問題はもはや諦めました


クインテットのあの…5人が楽器演奏してるホールと、日常過ごしてるところは同じ建物じゃないですか。
私の中の設定を語り出すそんなマイナー精神タイム\入ります/


あの建物は元々あんまり歴史のない演劇ホールで、とある演劇の一座がやっとの思いで建てたあんまり大きくない建物なんだけど、その座長が亡くなってしまって、結局その一座も解散。無くなった理由は食中毒。一座のメンバーは「まったく、座長は最後までドタバタと落ち着かないまま、ドジって死んじゃうんだから」とかいってみんなでいっぱい泣きます。解散したあとそれぞれに人生を歩む元一座メンバーのうちの一人が、ちょうど解散をしたのと同時期に本当にひっそりと活動を始めた小さなオーケストラの存在を知ります。それがアキラさんをはじめとするクインテットのメンバー。「クインテット」という名で町のホールなどで演奏をしていた彼らの演奏に惚れてしまったメンバーは、彼らに演劇ホールを無償で譲ることを決めます。(この時点では直接の交流なし)
クインテットがとある小さな演奏会に出たその帰り、一座の元メンバーは全員で出入り口付近で出待ち。だが一向にクインテットのメンバーは出てこない。
クインテットは彼らの超弱小の立場から、出るときだけでも普通の入り口からお客さんと一緒に出て行っていました。
結局その日は会えず、もちろん話もできなかったのですが、一座のメンバーはその事件もあってますますクインテットに惚れました。理由は上手く言えないけど、彼らの行動と演奏が組み合わさると、本当に音楽が楽しい物だと分からせてくれるのだそうです。
その時の反省も生かし、その次の機会では見事接触に成功。一座のメンバーの意志を伝えます。
ですがやはりクインテットはあまりの弱小なので、そんな立派なホールを持つなんて、と断ります。
ですが一座のメンバーが本当に本当にクインテットの演奏を、クインテットを愛してくれているんだ、ということが話の中で5人に伝わり、結局は「一座の皆さんのための演奏に使うホール」として、建物を譲り受けました。
そしてクインテットは、その建物で一日のほとんどを音楽に費やし、ほとんど毎日、小さな演奏会を開きました。いつしか6時ちょっと前に始まるのが定番に。
一座の皆さんも、そろってくる日は少ないけど、誰かしらは毎日、演奏を聴いて、そのつど演奏に感動して、一座の思い出に触れて帰って行きます。


建物自体は5人(+α)だけで使うには十分でしたが、それとは別にそれぞれ家もあります。朝そこからホールに行き、演奏会が終わってそのまま帰ることもありますが、大体は晩ご飯を食べたりしてから帰ります。たまに泊まったり。



さてそれぞれのメンバーの話。
アキラさんについては、まあ実在する方の事ではあるんですが、一人のキャラとしてガンガン捏造していきます…びくびく
でも普通に存在してる(すごい変な言い回しだな)アキラさんも大好きです!一度生で見ましたしね。うん、素敵な方だったーもう

アキラさんは、今どこにいるんだかわからない実の姉(バツイチ)に息子を押しつけられます。しかもまだ結構な赤ん坊。それがチー坊。ってことで私の頭の中では片付いているのでした。ちゃんちゃん。





メンバーの細かいことについてはまた無駄にこしょこしょかくよ!需要とかしらねえ!ほんとにしらねえ!


スポンサーサイト

だいたいこんなかんじだろうと

(Mon)

Posted in 二次

0 Comments

ハウンド:人間になりたすぎて気持ち悪くなってきたかわいそうなひと(ひと、という悲しい矛盾)
     考え込む癖と苦笑いする癖
     片思い要員
     細かいことで悩むことを悟られないようにする小技の数々
     本心を見せない
リジェ:ちょっと純粋な男子高生みたいな
    万年気分が晴れない
    ちょっと目を離すと消えてる 
    「消えたい」は「死にたい」と同意語でありイコール「助けて」
    機体の色が綺麗
    片思い要員 片思われ要員
パーセプター:絶叫要員 
       物を愛する
       オタクと気づかれていないオタク(気づいてる奴は気づいてる)
       細かい仕事の集中力=好きな事への集中力>>>>戦闘時の集中力
       片思い要員 片思われ要員
コンボイ:いろんな事に気づいていないふりをしながら見守ってたり気づいてなかったり
     不器用
     物覚えが悪い 
     孤独を抱きながら愛されているのに慣れている
     孤独と向き合っているふりのしすぎで自分を見失う
     何てったってアイドル♪
     ToLoveる
マイスター:「まあマイスターだからな」完
      裏の策略
      一番頭が良い 
      すべてを知っているけど理解はしてるけど見下す
      驚異
      音楽と読書の半端無い量と密度
アラート:インフェルノ
     「インフェルノしか見えないふりをしているけどきっとインフェルノと自分を秤にかけたらきっと、きっと、私は自分をとるから」
     「だからその時は私を捨ててくれ」
     几帳面 神経質 
     ぷっつんなると部屋が汚くなる=部屋の状態が精神状態
     急に泣く
インフェルノ:しょうがねえなあ
       感動系映画とかに弱い
       犬派で猫にあこがれる感じ
       アラートに愛され係
バンブル:人の一瞬の表情を見落とせない
     見た物をなかなか忘れられない 忘れたい物だけ忘れられない
     コンボイ司令官への絶対的な信頼のよく分からない根拠


ここらへんでちからつきる
 

あべさあああん後!後!(notやらないか)

(Tue)

Posted in 二次

0 Comments

最近結構忘れられていた感があるけど、自分の中で。
そんな仕打ちをうけてる阿部さんが大好きです。とにかく情けなくいじめられてればいいよね!でも結局情けなさもなにもかも可愛さに変えてしまう能力を持っているんですよアイツは。けしからん陰陽師!

阿部さんの年齢は敢えて考えてないです。どうやら、私の年齢感覚?は若干ずれてるらしい。「何歳にみえる?」とか聞かれても、本当に素で分からないし。ずれてるってか…なんだろう…劣化してるのかな…(´・ω・`)
小学何年生かもよく分からないので、まぁ結構不便でありますよもう!
そのくせ、「小学二年生の夏休みか!」とか「中二の春休みの後半か!」とかいうよく分からないツッコミをしますけどね。すいません色々な方に向けて。


まあとりあえず阿部さんはオッサン。日常生活だとあれ?コイツ実は結構若いんじゃね?つか幼ねえよ。なんだよ。と感じるも、ふとした瞬間にああコイツもおっさんだわ ってくらいのいいおっさんだといいな。
オッサンとおっさんどっちだ。ああどっちでもいいや

あと、太郎君は大学生っていうのが個人的に。いい。
そんで下宿ね!阿部さんちにね!
…でも、どうしても太郎君より年上にしたい大江さんが…大学以上に…社会人に…

そんなのいやです大江さんは女子高生が良いんだあ!もうテンション的には女子高生時代を数年前に卒業しちゃった、みたいな女子高生!

…すりあわせだよね結局。私の中での。


あ、あと阿部さんちは事務所兼自宅みたいな感じが良いです。事務所、と聞くとムヒョロジのイメージが沸いてきて。そんな感じが大好きだったんです。

でも、事務所とは別に大きな純和風のお屋敷があって、そこに普通に住んでるのも捨てがたいですよね。

あれ、そこらへん公式でありましたっけ?…いや日和好きです。ただ情報が遅すぎるだけです毎回。そして忘れるんです。







…結局、自分の個人的な希望を述べただけで終わりそうだけども…
でもやっぱ小説書くときにふわふわしそうだ。そうでなくても十分ふわふわしててぐちゅぐちゅしてんのになあ!

つうわけで俺設定まとめ
 阿部さんのお宅は事務所兼自宅
 大江さん大学院生 太郎君大学1年生
 阿部さんおっさん
 (あとは欲望に任せて設定ひん曲げる)

消えたい。消えたい。

(Sat)

Posted in 二次

0 Comments

リジェが好きだ、と。
好きなこは変な感じに虐めたくなるタイプです。
その結果の片思い片思い片思い。ひゃっほーい!

さて小説アップしたので反省をば。


…改めて反省、というと、書くべき事が多すぎます。多すぎることはないか。とにかく多いことに変わりはない。

夜中に書き始めて2・3時間一気に集中して書く派です。
その間一曲だけをひたすらリピート。
大体ボカロ。
今回はA/W/Dでした。詳細は無しで
前回の 15分 の時は マニ/エ/リス/ム。
擦れたアヒルが非常に好きです。どうでもいい、と。はい。

で、時間帯的にほぼ夜中テンション。で、小説を書くと。
非常に暴走しやすいんじゃないかと思いますが、それくらいじゃないとかけないんだよ!
結果、かなり勢いに支えられてます。
よって毎回なんかいろいろと違う。どこかおかしい。
読み返して、自分何考えてたんだっけ、とかね。全部そうです。

…実際このブログもテンションが別人並みかもしれない。書いてる今は分からないけど、読み返したらきっと別人の読んでる感覚なんだろうなー。それはそれで楽しくて好きです。良いか悪いかは別として。


表現について自分で振り返るとかなり恥ずかしいですが。まぁここ読んでる人もそういないだろうという勝手な思い込みを自信(?)に変えて、言っちゃいます。
毎回そうなんだけど、深読みして欲しいなあとか、わりと考えてます。他力本願ではないんだ!ただ、自分の趣味が深読みだから!自分が楽しめるように書いちゃうんだよ、つい!
…まぁ、それが人に受け悪くても、最終的に自分でそれを好きでいられるならいいよ、もう。もう。

あと、わりと二次創作っぽくはないのかもしれない。なんだそれ。自分で言ってて最高に違和感!嫌だこれ!

空気の匂いとか音とか感触とかいやっほうしてます。
いやっほう。
(何かが壊れたいやっほう)


あー、あと、片思い矢印サイクルさいこういやっほう!

ロボットが、というかトランスフォーマーがいとおしすぎてしょうがないです。

ついたーの某方のおかげで勝手にぶわってなって書き上げた小説がこんなんで、かってに申しわけない。でも全部好きなんです。しょうがないんだ








…小説の反省、というテーマで記事を書くのはあまりに広範囲過ぎた。
そもそもよく分からない感情とか思考とかをどうにかまとめようとして小説かいてんだから、こんな記事一つに反省がまとまるわけが無いじゃないか!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。