かくうえでだいじなこと

(Sun)

Posted in 二次

0 Comments

小説は想像力が大事なんだとはじめに言っておこう。


というわけで、私の小説の間違ってるのであろう所とかはもう、問題ないですよね。想像力ですもんね。ねえ。
…といいつつ、ちゃんと書けないことに不安もあるので、そこをどうしようかと検討中でありますがまあそれは道でもいい話でありまして!


クインテットをわざわざ五重奏と表記する必要があるかどうかです問題は。
脱色とかD灰とか復活とか笛!とかそんな感じにしたかったんです。ラキマンだったらあれかな、幸男なのかな

需要の問題はもはや諦めました


クインテットのあの…5人が楽器演奏してるホールと、日常過ごしてるところは同じ建物じゃないですか。
私の中の設定を語り出すそんなマイナー精神タイム\入ります/


あの建物は元々あんまり歴史のない演劇ホールで、とある演劇の一座がやっとの思いで建てたあんまり大きくない建物なんだけど、その座長が亡くなってしまって、結局その一座も解散。無くなった理由は食中毒。一座のメンバーは「まったく、座長は最後までドタバタと落ち着かないまま、ドジって死んじゃうんだから」とかいってみんなでいっぱい泣きます。解散したあとそれぞれに人生を歩む元一座メンバーのうちの一人が、ちょうど解散をしたのと同時期に本当にひっそりと活動を始めた小さなオーケストラの存在を知ります。それがアキラさんをはじめとするクインテットのメンバー。「クインテット」という名で町のホールなどで演奏をしていた彼らの演奏に惚れてしまったメンバーは、彼らに演劇ホールを無償で譲ることを決めます。(この時点では直接の交流なし)
クインテットがとある小さな演奏会に出たその帰り、一座の元メンバーは全員で出入り口付近で出待ち。だが一向にクインテットのメンバーは出てこない。
クインテットは彼らの超弱小の立場から、出るときだけでも普通の入り口からお客さんと一緒に出て行っていました。
結局その日は会えず、もちろん話もできなかったのですが、一座のメンバーはその事件もあってますますクインテットに惚れました。理由は上手く言えないけど、彼らの行動と演奏が組み合わさると、本当に音楽が楽しい物だと分からせてくれるのだそうです。
その時の反省も生かし、その次の機会では見事接触に成功。一座のメンバーの意志を伝えます。
ですがやはりクインテットはあまりの弱小なので、そんな立派なホールを持つなんて、と断ります。
ですが一座のメンバーが本当に本当にクインテットの演奏を、クインテットを愛してくれているんだ、ということが話の中で5人に伝わり、結局は「一座の皆さんのための演奏に使うホール」として、建物を譲り受けました。
そしてクインテットは、その建物で一日のほとんどを音楽に費やし、ほとんど毎日、小さな演奏会を開きました。いつしか6時ちょっと前に始まるのが定番に。
一座の皆さんも、そろってくる日は少ないけど、誰かしらは毎日、演奏を聴いて、そのつど演奏に感動して、一座の思い出に触れて帰って行きます。


建物自体は5人(+α)だけで使うには十分でしたが、それとは別にそれぞれ家もあります。朝そこからホールに行き、演奏会が終わってそのまま帰ることもありますが、大体は晩ご飯を食べたりしてから帰ります。たまに泊まったり。



さてそれぞれのメンバーの話。
アキラさんについては、まあ実在する方の事ではあるんですが、一人のキャラとしてガンガン捏造していきます…びくびく
でも普通に存在してる(すごい変な言い回しだな)アキラさんも大好きです!一度生で見ましたしね。うん、素敵な方だったーもう

アキラさんは、今どこにいるんだかわからない実の姉(バツイチ)に息子を押しつけられます。しかもまだ結構な赤ん坊。それがチー坊。ってことで私の頭の中では片付いているのでした。ちゃんちゃん。





メンバーの細かいことについてはまた無駄にこしょこしょかくよ!需要とかしらねえ!ほんとにしらねえ!


スポンサーサイト

だいたいこんなかんじだろうと

(Mon)

Posted in 二次

0 Comments

ハウンド:人間になりたすぎて気持ち悪くなってきたかわいそうなひと(ひと、という悲しい矛盾)
     考え込む癖と苦笑いする癖
     片思い要員
     細かいことで悩むことを悟られないようにする小技の数々
     本心を見せない
リジェ:ちょっと純粋な男子高生みたいな
    万年気分が晴れない
    ちょっと目を離すと消えてる 
    「消えたい」は「死にたい」と同意語でありイコール「助けて」
    機体の色が綺麗
    片思い要員 片思われ要員
パーセプター:絶叫要員 
       物を愛する
       オタクと気づかれていないオタク(気づいてる奴は気づいてる)
       細かい仕事の集中力=好きな事への集中力>>>>戦闘時の集中力
       片思い要員 片思われ要員
コンボイ:いろんな事に気づいていないふりをしながら見守ってたり気づいてなかったり
     不器用
     物覚えが悪い 
     孤独を抱きながら愛されているのに慣れている
     孤独と向き合っているふりのしすぎで自分を見失う
     何てったってアイドル♪
     ToLoveる
マイスター:「まあマイスターだからな」完
      裏の策略
      一番頭が良い 
      すべてを知っているけど理解はしてるけど見下す
      驚異
      音楽と読書の半端無い量と密度
アラート:インフェルノ
     「インフェルノしか見えないふりをしているけどきっとインフェルノと自分を秤にかけたらきっと、きっと、私は自分をとるから」
     「だからその時は私を捨ててくれ」
     几帳面 神経質 
     ぷっつんなると部屋が汚くなる=部屋の状態が精神状態
     急に泣く
インフェルノ:しょうがねえなあ
       感動系映画とかに弱い
       犬派で猫にあこがれる感じ
       アラートに愛され係
バンブル:人の一瞬の表情を見落とせない
     見た物をなかなか忘れられない 忘れたい物だけ忘れられない
     コンボイ司令官への絶対的な信頼のよく分からない根拠


ここらへんでちからつきる
 

ハウンドがパーセプターをびっくりさせるはなし

(Mon)

Posted in 出来損ない

0 Comments

例えば私が人間で彼がロボットだったら、彼は人間になりたいと願うのだろうか、とか。例えば彼がロボットで私が人間で、そのとき私はロボットになろうと願うことが出来るのだろうか、とか。結局は考えても意味のないことなのだ、私はロボットで彼は人間なのだから。ハウンドは手に持った書類を机の上で揃えて、研究室に向かった。自分一人しかいない廊下に、足音が響く。いつか、スパイクが横に並んで歩いたときに聞いた、軽快でリズミカルな足音を思い出す。頭の中だけで響かせているその音を踏みつぶすように、重い金属の機体を支える足音が、廊下の奥まで響いた。真っ直ぐ前を見ると、丁度廊下の奥のライトが消えている。立ち止まると、最後の足音の残響がしつこく全身を撫でるようだった。それが消えきらないうちに、手の中の書類の束を持ち直して、また歩を進める。

目指す研究室は、その廊下の突き当たりを曲がったところにあった。

「パーセプター、ほら、この資料だろう?」
ほとんど音も立てずに、姿を消すようにドアが開く。いつも何かしら耳障りな音が響いている(ほとんどがホイルジャックの仕業だったが)研究室は、けれど今日は不思議なほどに静かだった。そのせいもあるのか、一人大きすぎる机にむかうパーセプターの後ろ姿が、いくらか寂しげに見える。寂しげ、という表現は果たして合っているんだろうか。ふとそう考えて、その背中をもう一度眺める。けれどその思考も全く無駄なものなのだ。自分の無駄な癖に苦笑いを浴びせてから、まだその背中が振り向いていないことに安堵してから、研究室に入っていく。扉は音も立てずに閉まった。

≡≡≡

ハウンドが完全に中に入って扉が閉まっても、それに気がついていないのか、パーセプターは相変わらず、いつもは猫背気味の背中を無理矢理に高い机に合わせて、作業を続けている。時折その手元から、かちゃりと金属が軽くこすれる音がした。ハウンドが無意識に、薄く顔をしかめる。

「…おおい、パーセプター」

「っうお」







トイストーリーの頭なのにロボット書こうとしたらでもやっぱり書けなかったので ぼ つ !





no title

(Sun)

Posted in 未分類

0 Comments

ピアノを保育園の頃から習っているくせに、全く上手くありません

ただ単に練習しなかっただけなんですけどね
情けないとしか言えない
情けない

ま、そこらへんはいくら言っても結局そこから何も変わらないから

にしても、左手が全く言うことを聞かないの は
今やってる曲をぶち殺す勢いで
左手が
うごかん!
です!
えっ、呪いとか!とか?



こういう癖を無くすための練習なんかな





しかしピアノって、聞くときによって全く音が違いますよね
弾く具合が変わってるだけにしても。
こんなに響いてるのか!ってたまに驚きますよ
…驚くよね…?


ピアノ上手な人の手をじっくり観察したいです、じっくり!じっくり!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。