フラットさんは公式オネエでいいんですよね

(Sat)

Posted in 日記

0 Comments

5月にアキラさんとアンサンブル・ベガのコンサートに行ったんですが、それって今年だっけ去年だっけ…
本気で記憶が曖昧で
…いや、受験生になったときだった気がするので、じゃあ去年です

毎日クインテット見ていて思うのは、視聴者はこの音楽をどのようにとらえて聴いているのかということで。
人形が本当に音楽を奏でているんだと感じるのか、
人形を通して、実際に演奏している人たちの姿を想像しながら聴いているのか
いやなんかそこら辺は曖昧なんですが、とにかく。
なんだか毎回毎回不思議な気分になるんですよね。
やっぱ子供は、シャープ君とかが実際演奏していると思ってるんだろうなあ
羨ましいなあ。
私は無意識に人形の演奏として聴いてしまうけど、ふと我に返った瞬間、ああ人形はただ操られているだけなんだ、彼らは楽器を持つことも自分ではできないんだ 
とか勝手に考えて勝手にちょっと寂しくなってでもだからクインテットは美しいし楽しいんだなあこんなに。
ってながれで自己完結しますけどね

文章をもっとわかりやすくする必要があるな


番組だと演奏している人は見られないけど、コンサートでは逆に人形は出ない。
いや、コンサートもクインテットに直接繋がってるわけではないですが
でもクインテットの音楽を奏でているのは、全部なのか一部なのかは分からないけどアンサンブル・ベガのメンバーの方達ですよね
だからなんかこう…シンプルに考えれば番組と逆だって事で
番組を見るなら、ある見方では、人形から、演奏者が演奏している姿を想像できる。
コンサートで演奏者を生で見るなら、これもある見方では、その演奏から人形達が演奏している姿を想像することができる…と。
【見方】よりも【聴き方】の方が良いのかな



まあ何が言いたいのかっていうと、
あの番組は普通に何も考えずに見て聞いていれば何の引っかかりはないけれども、
一回考え出すと楽しくなってくるって事ですよ。


クインテット コレクション ゆかいな5人の音楽家 クラシック [DVD]クインテット コレクション ゆかいな5人の音楽家 クラシック [DVD]
(2006/02/24)
宮川彬良、 他

商品詳細を見る


なぜアンサンブル・ベガがこんなに心に効くのか聴けば解る!というCDなぜアンサンブル・ベガがこんなに心に効くのか聴けば解る!というCD
(2007/11/21)
宮川彬良&アンサンブル・ベガ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。